スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

2022/9/9 OPENDAY 河合隆平さん『旅する列車を作ろう!』

 Telacoya旅する小学校一般公開講座OPENDAY 第4回はブロック玩具造形家の河合隆平さんによるブロック創作の講座です。 河合さんからは事前に、「ミニフィグがあったら持ってきてね」という伝言が。 「持ってる!」「ミニフィグ(※)って何?」「何体持ってこよう…?!」 REGO®︎ブロックを使ってのワークショップとあって、みんなワクワクしながら当日を迎えました。(※ミニフィグ…レゴの世界で人物となるもの。ここではレゴ世界でのみんな自身!) 第1部は《ワークエスチョン》。 河合さんは自己紹介のあと、 「趣味とお仕事」 の話をしてくださいました。 「レゴはお仕事じゃありません」と話す河合さん。  小さい頃から物作りが好きで、レゴブロックだけではなくて、プラモデル作りなど別の物作りもしていたとのこと。いまのお仕事は、物作りが大好きで続けてきたからこそやっているんだ!と、好きなこととお仕事のつながりを紹介してゆきます。  河合さんはいま、都市開発に携わるお仕事をされています。 「いまある場所にCGで建物を建てて、〈もしもここにこのビルができたら、街の風景はこうなるよ〜〉と見せるのが仕事」と河合さんが話すと、「CG」「模型」などと聞いて子どもたちの目もキラキラしてきました。  続けて、河合さんは「いま見ている風景で空想したことをレゴなどで作って合成する遊びをいつもしている!」と語り出します。「いま自分が見ている風景に、もしも怪獣が出てきたら…」「もしもこんなにおっっっきい乗り物があったら…」河合さんがいざなう「もしも」の世界に、子どもたちもだんだんひきこまれていきました。 「もし〜だったら…」「うん、よくやるかも」 お話を聞きながら、子どもたちの間に空想の種がどんどん蒔かれていきます。 趣味も、長く続けていたらたくさんの友達に会えて、 すごく長くやっていたら本に載ったりラジオに出たり… 好きなことをずっと続けていたら、いいことあるよ! と河合さん。 趣味を一人でやっていてもいいけれど、長くやっていたら同じものが好きな仲間にも出会える。力強い応援のメッセージを子どもたちに届けてくださいました。 第2部はワークショップ。 今回は河合さんからテーマが出されました。 テーマは、《旅する列車を作ろう》 。 土台の部分だけが準備されていて、 参加者はこの土台にレゴブロックを使って「旅

最新の投稿

2022/7/15 OPEN DAY:ナオ(吉田尚生)さん 『旅小の木をつくろう!』

2022/6/10 OPEN DAY:うっぽん(内堀敬介)さん 『季節の波に乗ろう!』

2022/5/13 OPEN DAY:ホリデー(堀出隼)さん 『絵本を作ろう!』